くりっく365とは

くりっく365とは

くりっく365とは、公設市場で行われる取引所為替証拠金取引(FX)のことで、通常の外国為替証拠金取引(非取引所為替証拠金取引)と比較して、次のようなメリットがあります。

取引価格とスワップポイント

くりっく365では、複数の金融機関が提示する売買価格のうち、最も投資家に有利な売買価格での取引が可能です。
スワップポイントについても、マーケットの実勢に応じた一本値の金額となるため、一般的な外国為替証拠金取引(非取引所)業者よりも、有利な金額で取引することができます。

安全面でのメリット

くりっく365では、投資家の証拠金は全額取引所に完全預託され、その上で分別管理されます。
そのため万一、取引業者が破綻した場合でも、取引所に預託された証拠金は全額返却されます。
くりっく365では、取引所が取引の相手方となるため、万一、業者が破綻しても、取引所取引で保有しているポジションについては、未決済の利益を確定すること、他の業者にポジションを移管することが可能です。
一方、通常のFX(非取引所取引)では、業者が取引の相手方となります。万一、業者が破綻した場合、取引の相手方がいなくなるため、未決済の利益については確定できない可能性があります。

くりっく365のデメリット

くりっく365でのデメリットとしては、下記のようなことがあげられます。

1.取り扱っている通貨ペアが7ペアと少ない。

改善済み ==> 2008年10月27日に、18ペアが追加。2011年8月1日に、アジア3通貨が追加

2.両貨建てができない。

改善済み ==> 2008年10月27日に、両建てが可能に

3.1000通貨単位での取引ができない。
ランド円などは、10万通貨単位からの取引

以上を踏まえた上で、くりっく365を利用するか、外国為替証拠金取引(非取引所)で取引するかを検討すると良いでしょう。